看護・薬剤師・介護の求人ジョブナビとちぎ

就職&転職活動お役立ちコラム

更新日:2024/4/7

【管理栄養士国家試験突破への道】第38回管理栄養士国家試験試験の合格率49.3%を超えるための秘訣

管理栄養士を目指す皆さん、第38回管理栄養士国家試験の合格発表がありましたね。全国9地区で実施されたこの試験には、16,329名が挑戦し、8,056名がその夢を掴みました。合格率は49.3%という数字に落ち着きましたが、この試験を通過するためには、どのような努力が必要だったのでしょうか。今回は、試験の合格を目指す方々に向けて、有益な情報とアドバイスをお届けします。

管理栄養士と栄養士の違い

まず、管理栄養士と栄養士の基本的な違いを理解することが大切です。栄養士は養成施設の卒業と同時に資格を得られるのに対し、管理栄養士になるためには国家試験の合格が必須です。この試験をパスすることで、より専門的な知識と技能を持った栄養の専門家として認められます。

国家試験の概要

第38回管理栄養士国家試験では、合格基準として200点満点中120点以上を要求。つまり、約60%の正答率が必要でした。しかし、実際の合格率は49.3%と、このハードルを超えるのがいかに難しいかを物語っています。

実務経験の重要性

管理栄養士の資格を取得するためには、養成校を卒業していない場合、一定の実務経験が必要です。この実務経験は、栄養に関する深い理解と実践的なスキルを培うために欠かせません。経験を積むことで、試験の難関を乗り越える力が養われます。

合格への秘訣

  1. 基礎から応用まで幅広く学ぶ: 栄養学の基礎理論だけでなく、食品学、栄養指導の方法論など、幅広い知識が求められます。
  2. 過去問を徹底的に分析: 過去の試験問題を繰り返し解くことで、出題傾向と自身の弱点を把握します。
  3. 実務経験を積む: 実際の現場での経験を通じて、理論と実践のギャップを埋め、実践的な知識を深めます。
  4. メンタルケアも重要: 長期間の勉強には精神的な負担も伴います。適度な休息とストレスマネジメントが重要です。

まとめ

管理栄養士国家試験の合格は簡単な道のりではありませんが、適切な準備と実践を重ねることで、目標達成は十分に可能です。このコラムが、管理栄養士を目指すすべての方の一助となれば幸いです。夢を実現するために、今日から一歩ずつ進みましょう。

 

 

 

管理栄養士免許の申請について

www.mhlw.go.jp/stf/kanrieiyoushimenkyo_15785.html

*出典:厚生労働省ホームページ

関連するコラム記事

Column Entry
Category
Tags
COVID-19 アフターコロナ アフターコロナの仕事 キャリア コロナ働き方 テレフォンフォローアップ テレワーク パンデミック 人材紹介会社 介護士 介護福祉士 介護福祉士国試 介護職 医師国家試験 医療DX 厚生労働省 国家資格 就活 就職活動 新型コロナウイルス 株式会社ネクストジョブ 看護師 第38回管理栄養士国家試験 第109回薬剤師国家試験 第118回医師国家試験 管理栄養士国家試験 経口補水液 給与 薬剤師 薬剤師予備校 薬剤師国家試験 薬剤師国家試験合格点 薬剤師専門コンサル 薬剤師求人 薬局 要介護 要介護認定 認定薬剤師 調剤報酬改定 調剤薬局 転職 転職エージェント 長期処方 面接 面接マナー

就職&転職お役立ちコラム