看護・薬剤師・介護の求人ジョブナビとちぎ

就職&転職活動お役立ちコラム

更新日:2023/4/18

転職エージェントは必要???

皆さんは転職をする時に、転職エージェント、、、つまり人材紹介会社を使用した事はありますか?

 

ハローワークやインターネット、求人誌で求人を探し問い合わせをし、応募まで全てご自身で行われてきた方も少なくないと思います。
では、転職エージェントを使うメリットや、相談をするか悩んでいる方へ判断材料のヒントをお伝えしようと思います。

 

エージェント会社によってサービスの質は様々

転職エージェントも色々な会社が有ります。

大手企業から、地場に特化した会社まで様々です。
全て電話やラインのみでやり取りをするエージェント会社も多いですし、逆に求職者の方としっかり面談を行う会社も有ります。
それぞれにメリットとデメリットは有ります。

下記はその一例です。

対面式と非対面式のエージェントのメリット・デメリット

 

 

非対面式

対面式

メリット

・時間の調整が容易
・待ち合わせ場所に出向く必要が無い

・自分の良さを知ってもらいやすい
・信頼関係を築きやすい
・自分の知らない改善アドバイスをもらえる

デメリット

・自分の良さをアドバイザーに伝えづらい
・信頼関係を築きにくい
・細かいアドバイスをしてもらいにくい

・待ち合わせ場所に行く必要が有る
・人見知りの場合は緊張する

企業の採用担当者側のお話をすると、エージェント会社から「良い人を紹介致します。」と連絡があった際に、良い人の根拠は?となる事もあるようです。 

ようするに会ってもいない人をどんな基準で判断をしているのか?と言う事です。

そこを考えると時間と手間はかかりますが対面式に利があるように感じます。

もちろん、現職でお仕事をされている為どうしても時間がない方等には非対面式の方に利が有りますので、まずはエージェント会社に相談してみる事をお勧めします。

 

エージェント会社使用時のメリット

次にエージェントを使用するメリットをお話していきたいと思います。

・自分の個人情報を出さずに求人の状況を知ることが出来る

⇒応募の段階ではプロフィールシートと言う個人情報を隠した簡易履歴書を用いてエージェントが企業に提案を行う為、個人情報が無駄に伝わる可能性を避ける事が出来る。

 また、プロフィールシートを見てもらい面接となった際にはじめて履歴書を持って行く事になる為、ご自身の良さを直接アピールするチャンスが生まれやすくなる。

・面接の練習・相談を受ける事が出来る。

⇒面接で聞かれやすい事や、それに対しての返答のコツ等実践的なアドバイスを受ける事が出来る。

・自分の強みを知ることが出来る。

⇒ご自身の客観的な強みや、良さ、逆により良くなる為の改善点のアドバイスを受ける事が出来る。

・現職退職時のサポートを受ける事が出来る

⇒現職を円満に退職する為のアドバイスを受ける事ができ、新しい職場の入社時期を調整してもらう事が出来る。

 

エージェント会社使用時のデメリット

公平を期す為にあえてデメリットのお話もしておきましょう。

・世に出ている全ての求人を取り扱っているわけではない。

⇒エージェント会社を使用していない企業も有る為、世の中の全ての求人を取り扱えるわけではない為、求人の絶対数は落ちます。

 しかし、入社後のフォローをしっかりしてくれるアドバイザーやエージェント会社でしたら、後々を考え、あえてエージェントに任せてみるのも一つの手段です。

・必ずしも求人の紹介をもらえるとは限らない

⇒ご希望の案件がご相談を頂いた際に空きが無ければ、必ずしも紹介をしてもらえるとは限りません。

 業界の人の流れや、昨今のコロナの影響もあるので、エージェントを使用される際にはよくご相談を
 される事をお勧めします。

・地方求人に対応していない場合がある。

⇒エージェント会社にもよりますが、エージェント会社も利益を出さなくてはならない為、
 効率を考え人が集中しているエリアにのみ注力している場合があります。

 

自分で転職活動を行った際のメリット・デメリット


最後に比較として自分で転職活動を行った場合のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

・求人が出ていればどこにでも問い合わせをする事が出来る。

・一切の制限なく時間をかける事も、自分のペースで転職活動をする事が出来る。

デメリット

・応募から応募企業を調べるまで全て自分で行う必要がある。

・自己PR等、自己分析が主観的になってしまいやすい。

・面接のテクニック等自分で調べて分析する必要がある。

・公開求人にしか応募出来ない。 

※公開していないけど良い人は採用したいと 言う求人をエージェントは持っている事があります。

・待遇の交渉を代行してもらう事が出来る。

・現職を退職する際に、全て自分で行う必要がある。

 

☆まとめ☆

ご自身で仕事をしながら転職活動をすると、どうしても仕事終わりや休日に活動をする事が必要となります。

応募企業を探して選定、その企業を調べる事から応募まで手間はどうしてもかかってしまいます。

公開求人しか見る事が出来ないと言う事も一つ大きなデメリットになります。

 

自分に自信がない方は是非、一度気軽に問い合わせてみて下さい。

誤解されている方もお見受けしますが、エージェント会社にお願いをしても求職者の方に費用の負担は一切有りません。もちろん相談だけでもokです。

 

担当アドバイザーによっては、自身も苦しんで経験を持っている方もいるので、親身になって相談に乗ってくれるアドバイザーもいらっしゃいます。

 

こわがらずにまずは気軽に相談してみても良いと思います。

 

次回は、転職エージェントは何処を使えばいい? と言う疑問にお答えしていこうと思います。

関連するコラム記事

Column Entry
Category
Tags
COVID-19 アフターコロナ アフターコロナの仕事 キャリア コロナ働き方 テレフォンフォローアップ テレワーク 人材紹介会社 介護士 介護福祉士 介護福祉士国試 介護職 医師国家試験 医療DX 厚生労働省 国家資格 地域支援体制加算 就活 就職活動 新型コロナウイルス 株式会社ネクストジョブ 看護師 第38回管理栄養士国家試験 第109回薬剤師国家試験 第118回医師国家試験 管理栄養士国家試験 経口補水液 給与 薬剤師 薬剤師予備校 薬剤師国家試験 薬剤師国家試験合格点 薬剤師専門コンサル 薬剤師求人 薬局 要介護 要介護認定 認定薬剤師 調剤報酬改定 調剤薬局 転職 転職エージェント 長期処方 面接 面接マナー

就職&転職お役立ちコラム