看護・薬剤師・介護の求人ジョブナビとちぎ

就職&転職活動お役立ちコラム

更新日:2024/3/18

「第109回薬剤師国家試験合格点予測: 過去データに基づく分析と展望」

第109回薬剤師国家試験の合格点を(215~218問/345問)と予想!

*この予想は、各予備校の平均点の結果や難易度などの情報を考慮し、独自の見解となります。

 

第100回薬剤師国家試験までは、全問題への配点の65%(225問/345問)以上の絶対基準が採用されており、合格率にもバラつきがありました。
移行期間(第101回薬剤師国家試験〜第105回薬剤師国家試験)含め、相対基準が採用されてからは、70%前後の合格率で推移しています。

第108回薬剤師国家試験(235問/345問)

第107回薬剤師国家試験(217問/345問)

第106回薬剤師国家試験(215問/345問)

第105回薬剤師国家試験(213問/345問)

第104回薬剤師国家試験(225問/345問)

<過去の薬剤師国家試験の傾向分析>
薬剤師国家試験の合格基準は毎年変動するが、一般的には全問題数の60%から70%の正解率が必要とされることが多い。合格率も年度によって異なり、過去数年間では約70%から90%の範囲で推移している。

・合格基準の変動: 合格基準は試験の難易度によって変動する。特に、出題される問題の内容や形式が大きく変わる年では、合格基準にも影響が見られることがある。

・合格率の変動: 合格率は、受験者の準備度合いや試験の難易度によって変わる。新型コロナウイルスの影響で受験準備に支障が出た年など、外部要因も合格率に影響を及ぼすことがある。

 

<第109回薬剤師国家試験の合格点予測>
第109回薬剤師国家試験について、過去のデータから予測を立てるにあたり、以下のポイントを考慮する。

・過去数年の試験傾向: 最近の試験では、基礎知識だけでなく、臨床現場での応用力を問う問題が増加傾向にある。そのため、試験全体の難易度が若干上がっていると考えられる。
・合格率の推移: 最近の合格率の推移を見ると、安定して高い合格率を維持している。これは、受験生の質の向上や受験対策の充実を示唆している可能性がある。
・外部要因の影響: 社会的な事象や教育環境の変化も、受験生の準備状況に影響を及ぼす。特に、デジタル化の進展は受験対策の方法に変化をもたらしている。

これらの要因を踏まえ、第109回薬剤師国家試験の合格点ボーダーは、全問題数の約65%〜70%の範囲内に設定される可能性が高いと予測される。しかし、最終的な合格基準は、試験の具体的な難易度や受験生の平均的な準備度によって左右されるため、予測はあくまで参考程度に留めておくべきである。

<まとめ>

第109回薬剤師国家試験は無事に終了し、合格点予測は過去の傾向分析に基づいて行われました。受験生は、基礎知識の確実な把握とともに、臨床現場での応用力を高めることが重要だということが再確認されました。また、試験対策は最新の情報に基づいて行うことの大切さが強調されました。最終的な合格基準は試験後に発表され、合格発表は明日午後2時に行われる予定です。受験生は自己の目標点を設定し、それを達成するために努力を重ねてきました。結果の発表を前にして、多くの受験生が緊張と期待の中で待ちわびています。

合格発表:2024年3月19日午後2時に厚生労働省のホームページで発表される

関連するコラム記事

Column Entry
Category
Tags
COVID-19 アフターコロナ アフターコロナの仕事 キャリア コロナ働き方 テレフォンフォローアップ テレワーク パンデミック 人材紹介会社 介護士 介護福祉士 介護福祉士国試 介護職 医師国家試験 医療DX 厚生労働省 国家資格 就活 就職活動 新型コロナウイルス 株式会社ネクストジョブ 看護師 第38回管理栄養士国家試験 第109回薬剤師国家試験 第118回医師国家試験 管理栄養士国家試験 経口補水液 給与 薬剤師 薬剤師予備校 薬剤師国家試験 薬剤師国家試験合格点 薬剤師専門コンサル 薬剤師求人 薬局 要介護 要介護認定 認定薬剤師 調剤報酬改定 調剤薬局 転職 転職エージェント 長期処方 面接 面接マナー

就職&転職お役立ちコラム